クライアントは、コピーライター側でオーディションする!

KUDO SAN です。

Jr.コピーライター養成スクール

第9話「負けない土俵作り」

の宿題は、以下の3つです。

1、.レポート、ブログ、メルマガ、FB等の記事を、

何か一つでも良いので書いてみる。

2.、2つのバージョンのセールスレターを書いてみる。

3.、第9話で、学んだ事を、インデックスカードに書いてみる。

さすがに、無料では聞けないところなので、

内容のさわりだけを、伝えます。

宿題3の、インデックカードに、書いたのを使って、

2項目だけ解説します。

コピーライタースクール生徒の枠に滑り込む         (30日間無料!)
今すぐ以下をクリック!
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

1、.「専門分野を持て!」

自分の得意な分野を絞り込んで、専門的な知識を身につけることにより、

クライアントから厚い信用を取れるし、レターの反応率も上がる。

どんな分野でも、専門家になれば、権威性が上がります。

例えば、あなたが難病にかかったとした時に、なんでもやる医者と、

その難病の専門の医者がいたとしたら、どちらにお願いしますか?

当然、専門のドクターにお願いしますよね。

コピーライターも、「なんでも書きますよ」より、

「この分野のコピーなら得意ですから、

任せて下さい」の方が、説得力があります。

2、「お金の回る市場を選べ」

自分が書きたい市場が、お金が回っている市場であれば問題は無いが、

その市場があまりお金が回っていない市場の場合、やめておいたほうが良い。

コピーライターはビジネスである。

まずは、売上が上がりやすい市場選びであることが重要である。

自分が書きたい市場は、趣味の粋で、考えるのが妥当である。

以上ですが、この「負けない土俵作り」も、

奥が深くて凄すぎます!

もっと、詳しく知りたいなら、ぜひ

X-Jr.コピーライター養成スクールに       

入学してみて下さい。

最初の30日間は、無料!

です。

ぜひ、今すぐ以下をクリック
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする