顧客リスト=ファンクラブ!

KUDOSAN です。

Jr.コピーライター養成スクール

第13話「1000人のファン」

の宿題は、以下の3つです。

1,誰でも良いので、3人と30分間話をして、相手の話を聴き込む。

2,自分をさらけ出した、プロフィールを書き出して見る。

3,2のプロフィールをもとに、リスト=ファンに対する  「質問リストを作る」

です。

今回は、3の「質問リストを作る」を、実行したいと思います。

深い絆を築けるコピーライタースクール!
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

【質問リスト】

・住所 ・名前 ・電話番号 ・性別 ・生年月日  ・最終学歴 ・資格 ・趣味 ・職業 ・メルアド ・SNSのID ・出身地 ・家族構成 ・将来の夢 ・預金額 ・私有財産 ・住んでる環境 ・支出の優先順位 ・健康度 ・尊敬する人・・・

この内容のリストが、1000人分あったら、すごいと思います。

あなたに興味がある=あなたのファン、です。

リストについて大事ことは「ファン」であるかどうかです。

なので、相手のファンになる事、あるいは相手のファンになれる人であるかを、選別するためには、まずは相手のファンになることです。

「相手に興味を持って接する」姿勢が大事です。

「俺は10万人のリストをもってるぜ!」という人に、「どんな人たちのリストなのですか?」と、聞くと、大抵は「?」です。

それはそれでも良いかもしれませんが、リストとの関係性が弱いと、長い付き合いには、なりにくいです。

数が多いことよりも、絆の深さの方が重要です。

人は、それぞれの価値観で生きています。

なので、価値観が一致しない物には、見向きもしません。

要は、需要と供給のバランスがとれているか?

あなたが、アプローチしたいものが、リストとマッチしているかです。

「濃い内容のリストが1000人分あれば、どんなビジネスでも成功できる」と、仙人さんは、断言しています。

「相手の立場に身を置く」という事は、どんなビジネスであれ、とっても大事なマインドセットです。

==
 以上のようなマインドセットを、最強のスキルとして得られるのが、
『X-Jr.コピーライター養成スクール』
です。
 6ヶ月後にコピーライターデビュー出来る事を目的としたスクールです。

講師を務める仙人さんは、本名も顔も住所も出さず、謎の男として15年のコピーライティングキャリアを積んできた人です。

彼が長年の経験の末に発見した、最強フォーミュラが、「X-Jr.コピーライター養成スクール」で伝授されます。

スクール内で公開されるシステムを使えば、
プロ級のセールスレターが完成します。

このスクールのコピーライティングという、価値の高いスキルをマスターすれば、あなたの人生から85%以上の問題や苦悩が消え去リます。

人間心理を理解し、コントロールする文章スキルは、今から遙か未来に渡るまで、ずっと価値が上がり続けていきます。

ここでのコピーライティングスキルを習得すれば、
一生の宝物となる事は間違いありません。

そんな「X-Jr.コピーライター養成スクール」に、
今なら無料で体験入学が出来ます。

今現在、入学する人が後を絶たない状況ですので、1時間後には、「入学は、ここをクリック」が削除されているかも知れません…

コピーライタースクールの絆を得るチャンス!(30日間無料)
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする