コピーのスキル=ビジネスのスキル

KUDOSAN です。

「X-Jr.コピーライター養成スクール」

第16話「コピーライターの声」の宿題は、

1)あなたの市場の抽象的な夢、目標、ゴール、恐怖、フラストレーション、不安を書き出し、その後に、具体的に書き直す。

2) 真面目系で論文のようなセールスレターを書いてから、話し言葉調に書き換える。

3)話し言葉調に書き換えたセールスレターを、誰かに電話して読んでみて、反応を確かめる。

の3つです。

今回は、宿題の1部を公開します。

ーーーー

「コピーライターで成功したい人の市場」

1・抽象的な夢

「コピーで成功して、お金持ちになって、自由気ままな人生を送りたい」

1・具体的な夢

「毎日、2時間だけ仕事をして、年間1000万円以上稼げる、コピーライターになる」

2・抽象的な目標

「反応率が高いセールスレターをかける様になる」

2・具体的な目標

「トリガー単語をたくさん入れて、長文のレターでも、最後まで読んでもらえるレターをかけるようになる」

3・抽象的な不安、恐怖

「コピーのスキルがあっても、良いクライアントが見つけられなかったら、どうしよう」

3・具体的な不安、恐怖

「良いクライアントを見つける方法を知ることが、コピーライターの大事なスキルの一つである」

以上、3項目です。

ーーーー

最強のコピースキルを習得できる塾!
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

人はどんな単語、文章に反応するのか・・・

今回、あらためて「そうか!」と、思ったことは、その答えは、「人は、爬虫類脳の部分が1番反応する」ということです。

                マズローの5段階欲求

つまり、「爬虫類脳を刺激しないコピー=売れないコピー」です。

「生理的欲求」息をする、食べる、寝る、飲む、排泄する、射精するetc,,,

「安全の欲求」住む家がある、食べ物が確保されている、寝具で寝られる、家族と仲良く暮らせるetc…

「生理的欲求」と「安全の欲求」が、散りばめられているコピーが、売れるコピーの大原則です。

人は、生理的欲求が満たされていないと、他の事は何も考えられないし、安全の欲求が満たされていないと、行動が出来ないという事です。

「相手に行動させる=爬虫類脳を刺激する」のためのツールが、トリガー単語です。

これは、どんなビジネスにも使えるスキルです。

コピーを学ぶことは、どんなビジネスをやるにせよ不可欠で、「コピーライティングスキル=ビジネスの成功度合い」だと思います。

なので、コピーライターを職業とするかしないかは別として、何かしら自分のビジネスで成功したいと思うなら、コピーライティングスキルは、必要不可欠です。

なので、私が1番のオススメするのは、

「X-Jr.コピーライター養成スクール」

で学ぶ事です。

最強のビジネススキルを得られるスクール!
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

講師を務める仙人さんは、本名も顔も所在不明の、謎の男として15年のコピーライティングキャリアの持ち主です。

彼の最強フォーミュラが、

「X-Jr.コピーライター養成スクール」

で伝授されます。

このスクールのコピーライティングという、価値の高いスキルをマスターすれば、あなたの人生からあらゆる問題や苦悩が消えます。

人間心理を理解し、コントロールするスキルは、今から遙か未来に渡るまで、ずっと価値が上がり続けます。

ここでのコピーライティングスキルを習得すれば、
一生の宝物となり、明日の食事代や支払いの心配がいらない人生になる事は、間違いありません。

そんな「X-Jr.コピーライター養成スクール」に、
今なら無料(!)で体験入学が出来ます。

入学する人が後を絶たない状況なので、急がないとすでに、「入学は、ここをクリック」が削除されているかも・・・です。

 
今すぐスクールの枠に滑り込む !(30日間無料体験)
今すぐ以下をクリック  ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする