売れるセールスレターの必殺技は、「ストーリー」です

KUDOSAN です。

「X-Jr.コピーライター養成スクール」

第18話「人を動かすストーリー」の宿題は、

「7つのステップにそって、ストーリーを書く」

です。

その宿題の1部をあなたにシェアします。

最強のコピーライターへのステップとは?!
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

ーーーー

私は、今回

「今、どん底だが、ビジネスで逆転、成功したい人」に向けたレターのストーリーを、書いてみました。

まずはステップにそって書いたストーリーの下書きです。

1,「相手と似ているスタート地点から始める」

ある日、ヤンキーだった田舎の高校生の少年は、友達に誘われてライブハウスのロックコンサートに行った。

心がモヤモヤした日々を送っていたが、そのライブの帰り、「よし!趣味を仕事にする」と決意した。

プロミュージシャンになる!と・・・

その翌日、親にも相談せず退学届けも出さずに、高校中退を決断し上京する事にした。

親にも親戚からも友人からも、大バカ物扱いされながら、ギターを抱きしめて鈍行列車に飛び乗った。

18歳の夏の出来事である。

2,「失敗の連続を語る」

東京に住み込みでアルバイト生活をしながら、音楽活動をしたが、気がつけばすでに、25歳になっていた。

プロミュージシャンへの道は険しかった。

その上無謀な活動で、バンド活動に大量の資金を注ぎ込み、借金だらけになってしまっていた。

消費者金融の借金の限度額も限界に達していた・・・昼も夜も肉体労働に追われる日々。

工事現場で作業中、屋上にいた時に「飛び降りちゃおうかなっ」と、思った事は何度もあった。

もう、バンド活動を続ける事は不可能な状態になっていた。

3,「突然のひらめき、出会いによる成功劇の予兆」

そのころ、駅前でビデオ屋のチラシ配りのアルバイトをしていた時、前にバンドでドラム担当だったM君と、偶然に会って声をかけられた。

こんな姿を見られたくなかったので、知らないふりをしていたのに、恥ずかしかった。

仕方なく「オー、久しぶりだな」というと、「手伝ってやるよ」と言って、チラシを奪って巻き始めた。

そのおかげで、チラシが早めに配り終わったので、時間つぶしにM君と、ベンチに座りコーラをおごって二人で話した。

その時、彼の口から「ものすごいチャンスのビジネスをやってるんだけど聞かないか?」と言われた。

「チャンスはありえないな」と思ったが、断る理由もないので後日、セミナー会場について行った。

セミナーを終えて思ったのは「やるっきゃ無い!」だった。

やったことのない、いわゆる「リクルート」のようなビジネスなので、最初は不安でいっぱいだった。

でも「今の状態から脱出するには、これしかない」と思い、スタートした。

そこから人生が変わった、と言うより激変した。

そのビジネスとは・・・

以上です。

ステップ4、5,6,7 も知りたい方は!
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

ーーーー

このストーリーの出来は、まだまだですが、ストーリーを書くのが苦手な私でも、ステップどうりに書けば、それなりになります。

いろんなスキルを、簡潔にシンプルにわかりやすく教えてくれる最強のオンラインスクールが、

「X-Jr.コピーライター養成スクール」

です。

コピーを学ぶことは、どんなビジネスをやるにせよ不可欠で、「コピーライティングスキル=ビジネスの成功度合い」です。

コピーライターを職業とするかしないかは別として、何かしら自分のビジネスで成功したいと思うなら、コピーライティングスキルは、必要不可欠です。

このスクールで講師を務める仙人さんは、本名も顔も所在不明の、謎の男として15年のコピーライティングキャリアの持ち主です。

彼のコピーは、1本で最低1億円です。

そんな彼の最強フォーミュラが、このスクールで、伝授されます。

このスクールのコピーライティングという、価値の高いスキルをマスターすれば、あなたの人生からあらゆる問題や苦悩が消えます。

人間心理を理解し、コントロールするスキルは、今から遙か未来に渡るまで、ずっと価値が上がり続けます。

ここでのコピーライティングスキルを習得すれば、
一生の宝物となり、明日の食事代や支払いの心配がいらない人生になる事は、間違いありません。

そんな「X-Jr.コピーライター養成スクール」に、
今なら無料(!)で体験入学が出来ます。

入学する人が後を絶たない状況なので、急がないとすでに、「入学は、ここをクリック」が削除されているかも・・・です。

今すぐスクールの枠に滑り込む !       (30日間無料体験)
今すぐ以下をクリック  ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする