『セールスライティング・ハンドブック』著 ロバート・W・ブライ レビュー

KUDOSAN   です。

セールスライティング・ハンドブック』
「売れるコピーの書き方から仕事のとり方まで」

という本を読みました。

コピーライティング(セールスレター)の具体的な書き方やテクニックがまとめられた本です。

今日は、一部で大絶賛を浴びている[セールスライティング・ハンドブック]をレビューをします。

この本は、アメリカで1985年に発行された本です。

原著のタイトルは「THE COPYWRITER’S HANDBOOK」です。

日本では2011年3月に訳書として販売されました。

広告の父として有名なデイヴィッド・オグルヴィが推薦し、本国では非常に高い評価を受けた本です。

コピーライターとして高い評価を受ける方法
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

[セールスライティング・ハンドブック]は、コピーライティングの実践的なテクニックが350ページ以上も書かれています。

– コピーライティングとは何か?
– 具体的なセールスレターのテクニックとは?
– コピーライターとしての仕事の取り方は?

などです。

果てにはSEO対策まで網羅されています。

初心者にとってはとても嬉しい内容に感じます。

実践的なテクニックが簡潔にまとめられた良書だと思います。

アマゾンでも星4つの評価を受けています。

私が面白いと思ったのは、チェックリストです。

見出しのチェックポイント

・広告を読めばベネフィットがあることを明らかにしているか?

・明瞭でストレートか?

言いたいことを手短にシンプルに伝えているか?

・これ以上具体的にできないか?

セールスコピーチェックリスト

・見出しに書いたことがセールスコピーでさらに強調されているか?

・読んで面白いか?

・読みやすいか?

etc…です。

レターを書く時に、失敗しないためのチェックリストです。

本を破ったりコピーして、パソコンの近くに貼っておけば、いつでも盲点の無いコピーが書けるシステムが完成します。

その他、コピーライティングで最低限
これだけ押さえておけば安心という、
「BFDフォーミュラ」も興味深かったです。

「好かれたい」「正しくありたい」「安全にしたい」など、人が求める22個の欲望リストも勉強になりました。

また、後半では、1からセールスレターを完成させるまでのステップが詳細に書かれています。

ステップ1・資料を集める
ステップ2・商品の特徴を洗い出す。
ステップ3・見込み客をターゲティングする。

など、良質なコピーを完成させる手順を1歩ずつ教えてくれます。

この本をパソコンの左に置き、手でパラパラめくりながらタイピングしていけば、気付いた時には
プロ級のセールスレターが完成します。

他のコピーライティング本と比較し、
実用性はダントツだと思います。

私の「セールスライティング・ハンドブック」を読んだ感想は、

時期によっては読んでも良いが、初心者の方は、読まないほうが良い

です。

コピーライティング・テクニックだけを知りたがる
初心者の方は、読まないほうが良いと思いました。

最初の段階でテクニックだけを覚えて稼ぐと、コピーライターとして短期的で終わる人が多いです。

俗に、歌手でいうと「一発屋」です。

巷で威張っている三流なんちゃってコピーライターは、テクニック一辺倒の人ばかりです。

彼らは、短期的には売り上げを出す事が出来ますが、レターインパクトでお客さんを魅了し、
長期に稼ぐ事は出来無いのです。

大事にしているテクニックが廃れたら、
彼らのコピーライター人生は終わります。

非常に短命です。

正しいマインドセットや活動方針を固めずに、「短期的に結果が出る小手先テクニックで書いたコピーで稼いだ人」のあるあるパターンです。

小手先テクニックで書いたコピーで稼いでいると、その後お客さんから怒りのクレームが発生します。

インターネット上で大炎上が起こり、
ブログやSNSで実名批判を浴びます。

業界では悪評が広まり、次から仕事がなかなか取れません。

やっと仕事が取れたとしても、その小手先テクニックはもう通用しなくなって、全く売れません。

でも、小手先テクニックのコピーライターはその癖が抜けずに、他の書き方が出来ません。

どうしても小手先テクニックに依存した書き方が癖として残ります。

そのうち、コピーライターとして認められなくなります。

小手先テクニックが時代と共に廃れた時、
本人の収入も廃れてしまうのです。

どんな道でも同じだと思いますが、長期的に成功するには基本が大事ですよね。

コピーライターで確実に成功するには、マインドセットが基本です。

私のマインドセットの1つに、

『小手先のテクニックを学んではいけない

というのがあります。

あなたには、小手先テクニックライターではなく、本物コピーライターになって欲しいと思います。


小手先テクニックで稼げるのは一瞬だけ・・

大金しか稼げないコピーを書く方法
今すぐ以下をクリック ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

最初にマインドセットと全体像を学び、
基礎を身に付けてから具体的テクニックへ進むと、
応用を利かせる事が出来ます。

型にハマる心配もありません。

もし、あなたが初心者でゼロからコピーライターを目指すなら、マインドセットを重視したオススメのスクールがあります。

そのスクールは、

X-Jr.コピーライター養成スクール

です。

仙人さんという、15年以上の
コピーライティング経験を持つ人が
講師を務める、オンラインスクールです。

授業内容は、基礎基本に徹底しています。

コピーライターとしてのマインドセット、あり方、
ビジョンを数ヶ月間みっちり教わります。

そして、精神性(メンタル)を確固たる物に鍛え上げるのです。

当然、後半では最新テクニック、次世代のテンプレート、秘匿性の高いフォーミュラも細かく伝授されます。

いくらマインドセットが大事と言えど、
テクニックも勉強しないと稼げません。

マインドセット → テクニック

という順番が重要です。

「X-Jr.コピーライター養成スクール」なら、6ヶ月後に年収600万円以上のコピーライターになれます。

毎月50万円以上が、あなたの銀行口座へ自動的に振り込まれます。

そして、将来に渡って増え続けていきます。

毎日レストランでイタリアやフランスのコース料理を食べ続けても、お金が有り余る人生を送れます。

あなたは周りの誰よりも、超リッチになれるのです。

とかく多くの人は、今すぐ短期的に稼げるお手軽テクニックに惹かれます。

しかし、あなたの心の声が、本物のスキルの重要性を感じるなら、このスクールに入学して下さい。

ただし、今まで2年近く生徒を募集していなかった
スクールが、最近受付を再開したため、今は参加申請が殺到しています。

学校側で抱え切れないほど生徒が集まったら、急遽募集が終了します。

なので、今すぐ「X-Jr.コピーライター養成スクール」の公式サイトにアクセスして下さい。

後悔する前に『無料』で参加する!
今すぐ以下をクリック  ↓
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする