コピーライティングの疑問点をシェア

KUDO  です。

コピーライティングの疑問点をシェアします。

私が感じている『悩み・迷い』です。

もし、あなたが私と同じ悩みを抱えている場合、

解決の手助けになるはずです。

今回の疑問は、

記事の流れはどう決めるべきか

です。

つまり、文章の構成や話の運び方は、

どのように考えれば良いのかが知りたいです。

私はほぼ毎日コピーを書いています。

しかし時折、どのようなアングル(視点)で

文章を書き進めるべきか?全体の構成を

どうすべきか?に迷う事があります。

読み手を引き込み、時間も忘れて没頭させる記事を書くには、          

どんなテンプレートを使えば良いのか?

です。

コピーライティング最強のテンプレート(無料)
今すぐ以下をクリック!
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

どんな流れにするのかにより、

コピーライティングの反応率は

2倍にも3倍にも変化します。

仮に一生懸命ブログを更新しても、

1日のアクセス数は5〜10で、

限界が来てしまいます。

誰にも読んで貰えず、コメントも来ず、

独りぼっちでブログを書き続ける事になるのです。

コメント(0)

が延々と続くようでは、

流石にモチベーションもダウンします。

せっかくコピーライターとして案件をゲットしても、

収入は1円ももらえません。

大勢のコピーライターが夢見る、

自由なライフスタイルが実現されないのです。

それどころか、「売れないコピーライター」として

悪評が広まる危険性もあります。

業界内でコソコソ悪口を言われるかも知れません。

ストレスで頭が禿げるかも知れません。

しかし、売れるブログやセールスレターは、

例外なく話の運び方が神の領域に達しています。

よくこんな構成が思い付くな

と感じるほど、コピーの流れが上手です。

大勢の読者をレターに引き込み、

簡単に1億円を超える金額を売り上げます。

100人、1,000人、10,000人もの人間を、

パソコンのキーボードでカタカタと打ち込んだ

文章1つでコントロールしてしまうのです。

かなり爽快な気分だと思います。

コピーライターとして結果を出せば、

クライアント(顧客)は頭を深く

下げてあなたに感謝します。

業界での評判も良くなります。

そして、コピーライター仲間を作り、

定期的にオフ会を開催したり、チームを

組んで仲良くビジネスが出来たりするのです。

それほど記事の構成は大切なポイントです。

今日の記事はどんな構成にしよう

どう話を運べば良いんだろう

という問題は、かなり頭を悩ませます。

私は昔、コピーライティングの

勉強を始めたばかりのころ、決まりきった

テンプレートに頼ってブログを更新していました。

楽に売上が上がる『ひな形』を使っていたのです。

しかし、テンプレートには限界があります。

毎回同じ流れに頼ってコピーを書くと、

文章が必ずワンパターンと化すのです。

最初の1〜2ヶ月は楽に稼げても、

だんだんお客さまに飽きられて、

反応が落ちていきます。

巷にいる『ぽっと出』のコピーライターも、

半年以内には消え去っていく事が多いです。

彼らも、決まりきったテンプレートで一時的に

小銭を稼ぐ事しか出来なかったのです。

30年間、年収を伸ばし続ける2つのコツ
今すぐ以下をクリック!
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

私は、そんな悲惨な結末を辿りたくありません。

長期的に3年、5年、10年と安定した

高収入を稼ぎ続けるには、ワンパターンな

テンプレートに頼らない能力が必要となります。

私は、その『発想力』が現在の課題だと感じます。

面白いアングル(切り口)を考え、

記事を完成させる能力が弱いのです。

昨日や一昨日書いた、

高級車レクサス 乗りたい人にオススメの職業

アメリカのコピーライター「ジョセフ・シュガーマン」の評判

なども、記事構成に迷いました。

私が今コピーライティングで悩んでいる事は、

斬新なアングルを思い付く発想力

です。

世界で活躍している有名コピーライターたちは、

例外なくアイデア力に優れています。

テンプレートに頼り切った単調な文章で、

5年も10年も成功し続ける人はいません。

次々と最新の切り口を生み出せる人だけが、

多額の現金を稼ぎ、名声を得ているのです。

しかし、どうすればコピーライティングに必要な

アイデア力、発想力、創造力を身につけられるのか

教えてくれる人は、なかなか見つかりません。

そこで、私がこの世で最も尊敬するコピーライターに、

アドバイスを求めようと考えています。

仙人さん

という方です。

仙人さんは、顔、本名、住所、

メールアドレスすら公開されていない、

非常に怪しい人物です。

怪しい人物ですが、オンラインビジネスにおける

コピーライター界ではカルト的な

人気と影響力を誇っています。

・2日間で参加費120万円の高額セミナーが毎回満席

(開催場所はシドニー、マドリード、アルゼンチンなど)

・東京都内の無料セミナーには3,000人の参加者が集結

・東大卒、IQ200、テレビ出演

・出版経験ありの天才が、1,000万円を持参してコンサルティングを求める

・「寄付金を下さい」というメルマガ1通で、

全財産を振り込むファンが続出

など、信じられない現象が次々起こっているのです。

その規模は今も拡大し続けています。

2020年には、麻原彰晃も真っ青のカルト団体に

なっているのでは…と勝手に予想しています。

はたから見れば完全に宗教団体…

・借金500万円から年収631万円に逆転

・わずか数年でゼロから億万長者に成長

・パートナーが2年連続で年収5億円を記録

など、過去のオンラインビジネスの

規模では考えられない事態が起きています。

そんな仙人さんが運営するコピーライターの

教育機関が存在します。

X-Jr.コピーライター養成スクール

です。

知識ゼロの初心者が、一流コピーライターへ

成長するための最新テクニックを学べる

オンラインスクールです。

名前の通り学校なので、生徒の質問や

相談には親身にアドバイスをしてくれます。

私はこのスクールを最後まで受講した

『卒業生』の1人です。

今はもう授業は受けていませんが、

卒業生の相談には乗ってくれると思うので、

今回以下の質問を送ってみます。

コピーの斬新なアングルを考える方法を教えて下さい!

恐らく、近日中に授業で答えがシェアされると思います。

アングルの考え方は、確実に学ぶ価値があります。

あなたも同じ悩みを抱えているなら、

『X-Jr.コピーライター養成スクール』

の授業を聴いてみて下さい…

スクール生徒の枠に滑り込む
今すぐ以下をクリック!
http://kasegu77.com/1/jcxJr.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする